【カップル大量発生!?】夜景の宝庫!夜の小樽の街を眺めよう!!

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは!miginaviです!!

今回は、「夜の小樽」の様子について紹介してみました!

今までのブログとは異なり、「短い分量で魅力を伝える」スタイルにしてみました!

過去には、「札幌市内」「登別」「室蘭」と北海道の中でも、様々な地域を対象にしたブログを書いてきました。

是非、こちらについてもご覧ください!!

さてと!話を戻しますが、小樽はお昼の観光客はもちろん!

朝は「海鮮丼」を食べにくる観光客や地元の方が多く!!

夜も、夜景を楽しみに訪れる方が多い街となっております!

まるで「大谷翔平を超える三刀流(朝・昼・夜)の街」ですね!

今回は、そんな小樽の「夜」の魅力について説明していこうと思います!

従って、今回の記事の対象は

  • 「小樽」の夜景を見てみたい人
  • 北海道旅行の中でも「小樽」に行く予定のある人
  • 北海道旅行に行く予定だが、どこに行くかを決めてない人

ということで、行きましょう!!

夜の小樽運河

今回は、「JR北海道1日乗車きっぷ」の経由地として訪れたところです!

そんなこともあり、到着した時間はこんな時間帯に!

ちなみに、小樽運河の夜景がみたい場合は、早くても「19時以降」がオススメだと思います!

私も、過去に夜景を見るために、「17~18時ごろ」まで小樽で待機していたものの、「辺りが暗くなる前」に私がリタイア。。。。。

北海道は、「日没時間」が全国の中でも遅いため、なるべく遅い時間に訪れることをオススメします!

おそらく、「20時以降」であれば、確実に「小樽の夜景」見ることができるのではないでしょうか!

というわけで、小樽の夜景を見にいきます!!

「駅校舎」はこんな感じ!!

めちゃめちゃ歪んでる!!!!!wwwww

もし、ブログの閲覧数が増えたら「専用のカメラ」も欲しいかな??とか思ったり。。。

これは皆さん次第です。。。。(自分も「良い」記事をかけるように努めます。。。)

そんなことを考えながら、「小樽駅」から徒歩10分ほどで「小樽運河」に到着します!

こちらが「小樽運河」です!!

ちなみに、朝の小樽運河と比較すると。。。。。

場所は同じでも、時間帯が変わるだけで、雰囲気はかなり変わりますね!

朝の方は「落ち着いた雰囲気」

それに対して夜の方は「明かりと人々によってもたらされる賑やかな雰囲気」

といえば、伝わりますかね。。。

「朝」「夜」もそれぞれの魅力があるため、どちらもご覧頂きたい!!

もしかしたら、「深夜」は人が少ないことから、「朝のときに近い、落ち着いた雰囲気」が味わえるのかなとか思ったり。。。

いつか、深夜に行ってみようと思います!!

しかし、「小樽運河の夜景」景色だけではありません!

「一工夫」されております!

それがこちら!!

大量のランプ!

沢山の方々が「ランプ」を片手に持って、「小樽運河」の前で記念写真を撮っておりました!

景色の魅力に加えて、「人」が一工夫されている所が「ものすごく」良い!!と感じました!

「ランプ」1つあるだけで、「映える」写真が撮れますもんね!!

皆さんも、是非!「小樽運河」の夜の街を堪能してみてはいかがでしょうか!!

【おまけ】夜の「オソウザイ」in コープさっぽろ

ここからは、ちょっとした「おまけ」です!

夜と言えば、「スーパーのセール」も醍醐味の1つ!

安い価格帯で「どれだけ栄養・量のある食料を調達できるか」

というゲームを1人でも楽しむことができます!

今回は、「小樽駅」から徒歩10分以内で行ける、「コープさっぽろ」みどり店に行きました!

ここで、購入したものがこちら!!

肉・魚・野菜!!

「採るべき栄養」を摂取できるセットとなっております!

3つ合わせて、「268円!!」

栄養・量を考慮した上で、この価格で収まるのは安すぎませんか!?

また、魚と肉については、「北海道産」

豚肉も、タレが染み込んでいたため、とても美味しかったです!!

「栄養と量」を考えた上でこの価格で収まると、「近くに住みたく」なります!!

(自炊することがなくなりそう。。。。)

「夜の小樽運河」だけでなく、「夜の惣菜コーナー」の魅力を伝えることで、「小樽」の良さ!伝わったでしょうか!!

また、夜の「スーパーのセール」については、「廃棄を防ぐ」ための対処となっております!

つまり、惣菜が残ってた場合、いずれかは「捨てられてしまう」というわけです。。。

したがって、「スーパーの惣菜」を買うことは、安価で「栄養・量」を採れるだけでなく、「食の廃棄」を防ぐことにも繋がるわけです!

そのため、「夜遅くまで忙しい」方こそ!「スーパーの惣菜コーナー」を覗いてみてはいかがでしょうか!!

まとめ

今回は、「夜の小樽運河」の魅力について書きました!

「夜の空」と「電灯」、「レンガ倉庫」が組み合わさることで生まれる「雰囲気」

いかがでしたか!?

「小樽」には、「朝」「昼」「夜」とそれぞれの楽しみ方があります!

訪れた際には、「時間帯によって変わる小樽の楽しみ方」についても、意識してみてはいかがでしょうか!

「小樽」の朝の楽しみ方については、こちらのブログが参考になるかもしれません!

また、「小樽周辺」の街の楽しみ方についても、過去の記事で書いております!

miginaviブロクでは、「北海道の魅力」観光地やグルメの観点から記事を書いております!!

「北海道の魅力を知りたい!」

「北海道旅行に行くけど、どこに行こうか悩んでいる」

という方は、是非!他の記事もご覧ください!!

ということで、今回の記事はここまでとします!

ここまで、ご覧頂きありがとうございました!

それでは!また!!

タイトルとURLをコピーしました