【北海道に「東京」の大学がある街】読み方わからん!「長万部」の街を巡ってみた!!

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは!miginaviです!!

今回は、「北海道の連絡網」の役割を担っている「長万部」(おしゃまんべ)に行ってみました!!

「長万部」は、「函館」「小樽」「室蘭」の各方面に線路が3本設置されており、「北海道の交通の要」の役割を担っております!

また、長万部から「小樽」と「室蘭」の2方面を用いて「札幌」に行くこともできることから、長万部は交通の面から「北海道の交通をつなぐための欠かせない街」となっております!

さらに、長万部は「温泉街」としても「学生街!?」としても有名です!

そんな長万部を巡ってみたため、その様子について記事にしてみました!!

また、「長万部」は「JR北海道1日乗車きっぷ」を使って来ております!

「長万部」を訪れる前に、「小樽」「ニセコ」に訪れているため、その様子について知りたい方は、以下のリンクからご覧ください!!

「JR北海道1日乗車きっぷ」の旅行をまとめたブログについては、現在執筆中のため、もう少しお待ち頂けるとありがたいです!!

今回の記事の対象は

  • 長万部ってどういうところなの??
  • 長万部に旅行に行く予定がある
  • 北海道に「東京」の大学があるってどういうこと!?

それでは、行きましょう!!

【二刀流ランチ】「そば」と「カツ丼」をペロリ!in「そばの合田」

長万部に着き、初めに向かった場所は。。。。。

『そばの合田』さんです!!

『そばの合田』さんは、長万部駅改札を出て、すぐ左手にあるため、「駅から近い」だけでなく、どこにあるかが「秒」で分かると思います!!

長万部は、「かに」と「そば」が特に有名らしく、「どちらを食べよう」か悩みました。。。

「かに」については、かにめし本舗の「かにめし弁当」が有名らしく

「弁当なら、駅弁でも食べられるし、いつでも食べられるかな??」

と思い、今回は「そば」を食べることにしました!!

『そばの合田』で頼んだものがこちら!!

「そば+カツ丼」です!!

めちゃくちゃボリュームありますよね!!

こちらが!なんと!!930円!!!

1000円以下で、これだけの量があれば大大満足ですよね!

そしたら、お先に「そば」の方から頂きます!!

「パクリ!!」

めちゃくちゃおいしい。。。。。。(感動の嵐)

そばの麺自体が「ついさっき出来上がった」のではないかというくらいのさっぱりさ!

噛みごたえのある食感が最高でした!!

また、麺に付けた「つゆ」の味が後から組み合わさるのが、口の中で感じます!

この食感が溜まりません!!

さらに、そばがさっぱりしていることもあり、「わさび」を入れるともっと美味しい!!

私は、「わさび」が得意ではなく、日頃は「外野に追いやる」タイプなのですが、、、

それでも、「わさび」と一緒に食べるべきだと強く感じました!!

そして、やっぱり「夏の冷たいそば」は最高です!

とにかく美味しいですし、体に染み渡ります!!

しかし「そば」だけではありません!

「そば」に大満足のmiginaviは、こちらの存在に忘れていましたwww

ドーン!!

カツ丼(ドーン)!!

このボリューミーな感じ!絶対、美味しいに違いない!!

ということで、頂きます!!

「予想の1万倍(長「万」部だけに)美味しい!!」

まず、カツのサクサク感が溜まりません!!

カツ自体にも味付けがされていています!

「肉の厚み」「味付けにより染み込んだもの」がマッチしており

「ご飯」や「そば」と一緒に食べたくなります!!

これは、「みんなから狙われる美男美女だ!!!」

さらに、卵と玉ねぎを一緒に食べるともっと美味しい!

これが、「カツ丼で優勝する!」ということなのでしょうか。。。

「カツ」だけで食べるのも最高ですが、「卵」や「玉ねぎ」を組み合わせて食べると味が100倍美味しく感じますよ!!

「カツ丼」と「そば」を食べ終えて、ごちそうさま。。。。。

では、ありません!!

なんと、つゆを薄めることで「そばつゆ」を頂くことができます!!

これが本当に美味しいんです!

「カツ丼」や「そば」などの、ボリューミな食べ物を入れたお腹を落ち着かせるための「必須アイテム」

また、とても温かく、お腹だけでなく、「心」も落ち着きます!!

ここまで、列車で「4時間半ほど」かけて移動してきたこともあり、疲れもありました。。。

しかし、「そばつゆ」を飲むことで、移動での疲れぶっ飛ばすことができました!!

そして、「そばつゆ」を頂き。。。。

ご馳走様でした!!

お陰様で、体力がマックスまで回復しました!!

皆さんにも、「長万部」に訪れた際には、是非行っていただきたい!!

また、『かにめし本舗』にも行ってみました!

こちらも、「長万部駅」から近くにあります!

今回は、食べることができませんでしたが、写真を見ても「かに」がずっしり詰まっており、「とにかく美味しそう!!」

北海道長万部 かにめし本舗かなや/商品一覧
出典 かにめし本舗かなや

機会があれば、1日でも早く食べたいと思うばかりです!!

かにめし本舗には、「かにめし」以外にも様々な商品が展開されているだけでなく、「ネット」で買うこうもできます!

是非、こちらをご覧ください!!

さらに、かにめし本舗では、購入した「かにめし」をその場で食べることができます!!

まるで、特急列車に乗っているかの気分を体感することができます!

みなさんも是非!「そば」「かにめし」を堪能してみてはいかがでしょうか!!

【学生拘置所!?】東京理科大学長万部キャンパスを直撃!

長万部駅前には、こんな看板が、、、、、

「ようこそ東京理科大学のある町へ」

え!?東京理科大学って東京にある大学じゃないの??

そう思われる方が多いのではないでしょうか!

「早慶上理」とも言われるくらい、「国内屈指の難関私立大学」の1つでもある「東京理科大学」!!

「東京」にあるイメージが強いですが、「東京理科大学」は、なんと!「長万部」にもキャンパスがあるのです!

ええ!?本当にあるの!?目で確かめるしかない!!

そう思い、「東京理科大学長万部キャンパス」に行ってみることに!

「長万部駅」からはそこそこ離れています(歩いて、20分とか??)

奥の方に見えるのが、「東京理科大学長万部キャンパス」です!

まるで、「拘置所」のよう。。。。。。

なお、「拘置所」という表現は、「アンサイクロペディア」でも表記されており、「東京理科大学」魅力ネタ面白く解説しているため、是非ご覧頂きたいです!!

https://ja.uncyclopedia.info/wiki/東京理科大学#.E9.95.B7.E4.B8.87.E9.83.A8.E6.8B.98.E7.BD.AE.E6.89.80

ということで、キャンパスまで向かっていきます!

駅を離れるにつれ、「何も無くなって行きます」(笑)

しかし、すぐ近くは海があったり!

セイコーマートがあったり!!

青春を謳歌するためのスポットは揃っている??のではないでしょうか!

そして!!

「東京理科大学長万部キャンパス」に到着!!!

周りは、緑のグラウンドに囲まれております!

「あれ??ここは、大学だよね??」

と思ってしまうくらいの「芝生率」

「サッカー場」や!!

「テニスコース」!!そして!

「野球場」まで!!!!

このように、スポーツをするための環境は揃っております!!

「勉強」「スポーツ」も謳歌できる環境であるため、羨ましいと感じる一面もありましたね!

また、坂の上の方にいくと、キャンパスも見えてきます!

「理科大生」はこちらで授業を受けているのですね!

「キャンパス」と「グランド」が分かれているのは、メリハリが付いて良いかもしれませんね!!

今回は、諸事情により「中に入る」ことは出来ませんでしたが、外からのキャンパスの様子を理解して頂けたのではないでしょうか!!

「長万部キャンパス」の対象となる学部を受験される方などの参考になれば幸いです!

【理科大生行きつけ!?】「川崎チーズ工房」のジェラートを食べて「理科大生」気分を味わおう!

さすがに、周りに何もなさすぎじゃない??

そう思われた方も多いかもしれません!!

しかし、食べるところについては、特に不便がない印象でした!

駅チカに「そば」「かにめし」「スーパー」などもありますからね!

また、「長万部駅」から「東京理科大学長万部キャンパス」までの途中にも「スイーツ」のお店があります!

その名も、「川瀬チーズ工房」!!

miginaviも、「長万部に住む学生」を体感するために、「川瀬チーズ工房」に行ってみることに!

こちらでは、「ジェラート」や「チーズ」を使ったスイーツを頂くことができます!

今回は、ジェラートを頂きました!

じゃーん!!

「レアチーズ」「チョコチップ」のセット!!

他にも、「長万部ミルク」や「クッキー&クリーム」など、様々な種類がありました!

正直、かなり悩んで選んだ「レアチーズ」と「チョコチップ」!

味の方はどうでしょうか。。。。。

この組み合わせが完璧すぎました!!最適解!(理系風wwww)

めちゃくちゃ美味しい!

まず、チョコチップの「チョコのかたまり」をかすかに感じ、この噛みごたえが最高!!

と思ってたら、「チーズ」の味が!!!

この相性が本当に良いんです!!

チーズの味が口に残ると思いきや、バニラで打ち消してくれる

と思ったら、「チーズ」の風味を感じる。。。の繰り返し!

「チーズ」とチョコチップを包んでいる「バニラ」の相性がいいんです!!

さらに、たまに感じる「チョコチップ」の食感を口にしたときは、なんというのでしょうか。。。。

「列車でずっと寝ていて、ふと起きたら周りに雲1つもない富士山を眺めている気分」

という表現で伝わりますかね。。。(自信ないwwww)

とにかく、牧場仕立てのアイスに共通して言えることが

「さっぱり」感とか「甘すぎない」というところですよね!!

そろそろ、「ソフトクリームとかアイスクリーム専門店みたら、食べたくなっちゃう」病になるかもしれないですね。。。

それくらい、牧場仕立ての「アイス」は美味しい!ということが伝わりましたでしょうか!!

みなさんも、「長万部」を訪れた際には、「理科大生」気分を味わうために、「川瀬チーズ工房」に行ってみてはいかがでしょうか!!

【理科大生の深飯めし!?】長万部名物!「あめせん」も食べてみた!!

最後に、「長万部駅」前の「お土産屋」で売られている「あせん」を購入しました!

「あめせん」は、「手焼きのせんべい」に「水あめ」を挟んだものとなっております!

「長万部名物」の1つでもあり、お土産としても有名だそうです!!

そんな、「あめせん」を頂いてみました!!

頂きます!!!

「カリッ!!カリッ!!!」

外側がものすごく固いです!しっかり噛まないと噛み切れません!!笑

「あめせん」を食べる前は、

「ソフトクリームのように、中のアメが垂れてくる。。。。。」

ことを想像していたのですが、むしろ反対でした笑

「あめ」は固まっており、歯にくっつきます笑

いや!あめもカチカチなんですかーい!!

また、せんべいの真ん中にあめが「ずっしり」と詰まっているため、1口「パクリ」としても、出てきません!

「あめせん」にネガティブな表現をしてしまいましたが、「味」自体はものすごく美味しいです!!

また、せんべいに「ごま」がふりかけられていることから、ちょっとした「しょっぱさ」を感じます!

この「しょっぱさ」「あめの甘さ」とマッチします!

また、「理科大生の深飯めし!?」というのは、勝手な想像です笑

「アンサイクロペディア」にも書かれていますが

東京理科大学は、 国内トップクラスの留年率の高さを誇るスパルタカリキュラムがあり、学生はみな日々レポート実験宿題レポート勉強レポート(いや!レポート何回出てくるんだ!!)に明け暮れた挙句留年する(結局、留年するんかーいww)。

と表記があり、特にテスト前レポート提出前とかは、「あめせん」を片手に夜を過ごしているのではないのかなーと思いました!

頭が疲れてくると「甘いもの」が欲しくなるもの!

そんなときに、「あめせん」を食べることで、勉強への集中力UPにつながるのであれば、「理科大生」にとっても「街」にとっても良いですよね!]

これが相乗効果ってやつですかね!?

まとめ

今回は、「長万部」についての記事を書いてみました!

北海道の中でも行ってみたい地域のうちの1つであったため、行くことができてよかったです!

また、長万部は「温泉街」としても有名なのですが、今回行くことがことが出来なかったため、またの機会に訪れたいと思います!!

1人でも多く、「長万部に行ってみたい」と思って頂けると幸いです!

また、過去に「北海道の様々な地域についてのブロク」も投稿しているため、こちらもご覧頂けるとありがたいです!!

ということで、今回の記事はここまでとなります!

ここまで、ご覧頂きありがありがとうございました!

それでは!また!!

タイトルとURLをコピーしました