【札幌・ニセコ・長万部コース!】総乗車時間9時間!?「JR北海道」の「一日散歩きっぷ」で北海道広域をまわろう!!

スポンサーリンク

はじめに

こんにちは!miginaviです!!

今回は、JR北海道の「1日散歩きっぷ」というものを用いて、「ニセコ」や「長万部」の方に出掛けてみたため、この内容を記事にしてみました!!

JR北海道の「1日散歩きっぷ」は後ほど説明しますが、大変便利な切符となっております!

また、JR北海道の「1日散歩きっぷ」を使ってどのように旅行しようか悩んでいる人いるはず!

それだけ、北海道は魅力的なところが多い!

その反面、電車の本数が少ないことから、乗り継ぎが難しい、、、、

ということから、JR北海道の「1日散歩きっぷ」を使った旅行にチャレンジできない人が多いのではないでしょうか。

その悩みをmiginavi解決します!!

そして、JR北海道の「1日散歩きっぷ」を使った旅行を楽しんで頂けばと思います!

というわけで、今回の記事の対象は

  • JR北海道の「1日散歩きっぷ」使って旅行したい
  • JR北海道の「1日散歩きっぷ」について知りたい
  • ニセコや長万部って何があるのか知りたい
  • 「miginaviの考えた旅行プラン」がめちゃ見たい!!

ということで!いきましょう!!

JR北海道の「1日散歩きっぷ」とは

JR北海道の「1日散歩きっぷ」とは、指定された範囲内であれば、乗り降り自由の切符のことです!

指定された範囲とは、こちらを御覧ください!!

参照 JR北海道

つまり、小樽千歳室蘭富良野といった有名な観光地に行くことができるチケットです!

料金については、

大人:2540円

子ども:1270円

となっております。

これがどれくらい安いかわからないぞ!!

ということで、比較対象になるものを表でまとめて見ます!

以下は、普通列車を用いて、片道切符を購入したときの価格です。

区間料金(片道)料金(往復)
札幌~新千歳空港1150円2300円
札幌~小樽750円1500円
小樽~新千歳空港1910円3020円
札幌~苫小牧1680円3360円
札幌~東室蘭2860円5720円
札幌~長万部3630円7260円
札幌~富良野2860円5760円

つまり、下5つについては、「1日散歩きっぷ」を利用した方が安いです!

また、上の2つについても、「途中で気になる駅に立ち寄りたい」ということを考えると、「1日散歩きっぷ」を使った方がおトクかもしれません。

ちなみに今回、私が乗車した電車で比較してみると

区間片道料金
札幌~小樽750円
小樽~ニセコ1680円
ニセコ~長万部1490円
長万部~小樽3190円
小樽~札幌750円
合計7860円

つまり、7860 – 2540 = 5320円トクしているというわけです!!

これは、格安旅行を検討されている方や食や体験にお金をかけたい!という人にはものすごくありがたいのではないでしょうか!

ちなみに、注意点もあり

  • 土日祝日しか使えない
  • JR北海道全域が使えるわけではない。(函館とか旭川にはいけません!)
  • 特急列車の乗車は基本不可能(一部利用できるところもあります)

以上に注意して、楽しい旅行をしましょう!!

ということで、JR北海道の「1日散歩きっぷ」について説明しました!

つまり、一言で表すと「めちゃめちゃおトク!」ということです!!

そんな「おトク」な切符を使って旅行してみませんか!?

ということで、今回の私が考えた企画が参考になればと思っております!!

6時前に出発!?「札幌~小樽~ニセコ」

ということで、今回も「札幌」スタート!

まず、向かった先は「小樽」です!

今回、6時前に出発したのも、「小樽」の朝の様子を眺めに行くためです!

「朝の小樽」って何か魅力あるの??

もちろん!あります!!

「朝」ならではの魅力を挙げるとするならば、この通りでしょうか。

  • 「採りたて」の海鮮を食べることができる!
  • 朝の「小樽運河」は人が少ない!絶景を楽しめる!!

そういうわけで、小樽へ行きました!

到着!!

次の列車まで1時間ほどあるため、「三角市場」「小樽運河」に行くことにしました!!

まずは、「三角市場」

「採りたての魚介類」や海鮮丼などを楽しむことができます!

そして!なんと!!

miginaviが行った時には、「うに」と「いくら」を試食させてもらうことができました!!

朝の「採りたて」の魚は、なんと行っても美味しい!!

時間の都合で、海鮮丼を食べることができませんでしたが、近々食べに行けたらと思っております!

次に訪れたのが「小樽運河」!!

「川」「レンガの床」「倉庫」の組み合わせにより、言葉にできないくらい素晴らしい景色を作り上げている「小樽運河」!!

「小樽運河」は、どの時間帯でも「綺麗な景色」を眺めることができます!

その中でも、「朝」については、人が少ないため、「気に入った角度」から「自由」に写真を撮ることができます!

なお、「朝の小樽」の詳しい様子については、こちらのブロクで書いております!

是非、ご覧ください!!

「朝の小樽」を満足したところで、次に向かう先は「倶知安」です!

読み方は、「くっちゃん」です!

とても面白い名前をしていますよね!

「アニメのキャラクター」とかにもいそうな名前!!

今回は、倶知安駅で30分ほど潰しました!

ここでは、「30分で味わうことのできる」!「倶知安」の魅力について説明して行こうと思います!!

「日本一の水」があったり!

ここで、お気づきの方はいますでしょうか。。。。。

倶知安町のキャラクターが「ジャガ太くん」であることを。。。。

いや!「くっちゃん」要素ないでしょ!!!

しかし、倶知安町の特産品が「じゃがいも」であることや「北海道の富士山」こと「羊蹄山」などを表現した名前になっているそうです!

ご当地キャラクター面白いですね!!

街の名前と関係がなくても、「名前」に何かしらの魅力が詰まっている。。。

名前の由来とかを考えるのも面白いなーって思いました!!

そんな「倶知安」ですが、なんと!「北海道の富士山」こと「羊蹄山」を眺めることができるとか!!!

その様子がこちら!!

「くも」で何もみえない!!!!!!!!

今回は、運が悪く見ることができませんでした

しかし!天気が良い日は見ることができるとか。。。。

羊蹄山の山が綺麗に見えるまで「倶知安町」に行く!

その名も!「羊蹄山チャレンジ!」!!

やる価値ありますかね。。。。。(もしあれば、コメントに書いてください!多分やらないです笑)

他にも、駅前には。。。

こんな像や!

こんな像まで!!

2091年へのメッセージ!!

ものすごく先ですが、見てみたいです!

100年近くに渡る「タイムカプセル」となるわけです!

  • 「2091年」に倶知安町が有名になること
  • miginaviが「2091年」まで、生きること

を願って、「倶知安」駅とはおさらば!

と思っていたら、このようなものが!!

「ようこそ倶知安へ」

この写真を見ながら「北の国から」を脳内再生したら思わず涙が。。。。

なぜか、懐かしさを感じました(初めて来た場所なのに笑)

「羊蹄山」と「電車」のセット「倶知安町」を超えて「北海道」の素晴らしさを表現しているように見えたからです!

これを見たことで、「羊蹄山」の写真を撮りに倶知安町に来たいなと思いました!

駅の周りを堪能してたら、時間の経過もあっという間!!「ニセコ」に行く列車が来ました!

「倶知安」から16分ほど!

「ニセコ」に到着しました!!

「ニセコ」では、駅から4kmほど離れている「高橋牧場」に行きました!

そこで、牧場と言えば!!

「ソフトクリーム」

を頂きました!!

口にした瞬間!「甘さを控えた濃厚なミルク」で作られていることが分かり、まるで「4km歩いた疲れを全て取ってくれる」感覚を味わうことができました!

とにかく美味しいため、オススメです!

また、「シュークリーム」を頂きました!

外は「サクサク」、中のクリームは「しつこさ」を抑えており、とても「さっぱり」とした「クリーム」を堪能することができました!

「シュークリーム」もオススメです!

また、「高橋牧場」については、魅力がありすぎで、このブロクに書いてしまうと、「長万部」に到達できなくなってしまうため、別のブロクにまとめております!

是非!こちらもご覧ください!!

そんなわけで、帰りも歩いて「高橋牧場」から「ニセコ駅」まで向かいました!

「具体的にニセコでどんなことをしていたのか」

については、こちらのブロクにまとめております!

是非!ご覧ください!!

1時間以上立ちっぱなし!!「ニセコ~長万部」

最初のメイン目的地!「ニセコ」を堪能し、次に向かう先は「長万部(おしゃまんべ)」!!

「倶知安」といい、「長万部」といい、「読めない漢字が多すぎる!!」といった感じですよね!!

「漢字検定1級」に出てきそうな名称たちですよね!!

ということで、「ニセコ」から「長万部」まで1時間と少し!

今までの経験から

「JR北海道」っ乗車数少ないし、列車で寝れるくらいのスペーズは確保できるでしょ!

と思っていたら。。。。。

「ずっと立ちっぱなし!!」

でした。。。。

調べたところ、「ニセコ」から「長万部」に行く列車は、1日に5本しかない模様。。。

1本乗り過ごしたら、予定が大幅に崩れますし、乗れたとしても「1本に沢山のお客様が乗車」されるということですね。。。。

しかし!ここは我慢!!

あと、驚いたのが「地上にいるにも関わらず、電波が届かない点」です!

「ニセコ」~「長万部」間は、「森」の中を走行することが多く、「森」の中まで電波が届かないようです。。。。

駅間でトラブルが起きたら、どのように対処するのだろう

とか思ったり、、、、(もしかしたら、miginaviの電波は弱すぎるだけ説もあるww)

そして、「1時間ほど」乗車してたら着きました!

「長万部」!!

とりあえず、ここまでが「往路」です!

長かったですね!

「長万部」についたところで、何をするか。。。

ここまで「がっつり」としたご飯は食べておらず、お腹は「ペコペコ」に。。。。

ということで、「長万部」駅からすぐ

「そばの合田」に行きました!!

ボリュームのある「かつ丼」「そば」

これがなんと「930円」とかで頂けるのです!

しかも、どちらも美味しい!!

「そばの合田」では、「そば」単体だけでなく、「そば+カレーライス」「そば+親子丼」など、豊富なメニューが展開されています!

気になった方はぜひ!こちらからご覧ください!!

ご飯が食べ終わり、「わんぱく坊や」なmiginaviは

「スイーツが食べたいな」

と思ったわけです!

ということで、向かった先は、「川瀬チーズ工房」!!

「いや!さっきも「ソフトクリーム」食べてたじゃん!!」

いやいや!そう焦らず!!(全く焦ってないと思うw)

ここで、miginaviの名言

「食べたいときに食べる!それが旅行の魅力でしょ!!」

miginaviは、食べたいと思ったら食べる!後悔したくないですからね!!

このジェラートは、「チーズ」「チョコチップ」のミックスとなっております!

また、川瀬チーズ工房は「東京理科大生」行きつけのお店だそうです!

そんな、川瀬チーズ工房の「学生ならではの、甘酸っぱい青春の味」を堪能することができました!

とても美味しかったです!!

次に向かった先が!

「東京理科大学長万部キャンパス」!!

噂には聞いていたのですが、辺りは芝生ばかり!

まるで、「体育大学」かのような環境が整っております!

「いや、どこで勉強するんだ!!!!」

と思っていたら、奥の方に校舎がありました!

「学びの場」「運動の場」がくっきりと分かれているのですね!

この環境が、「優秀な人々をどんどん創出できる」ことに繋がっている??

とか思ったり!

長万部はここまで!

後は、「復路」を堪能するのみです!

なお、「長万部」についての詳しい話については、こちらのブロクで書いております!

是非、ご覧ください!!

3時間以上座りっぱなし!「長万部~小樽~札幌」

「長万部」に到着し、あとは帰るのみ!!

「小樽」に向かう列車に乗ります!

「長万部」~「小樽」は3時間以上かかるとのこと!

「さすがに、3時間以上何も食べないのはきついな。。。」

と思い、「あめせん」を購入しました!

外側は「カチカチ」せんべいとなっており、中に「みずあめ」が詰まっております!

「せんべい」「カチカチ感」「ごまによる塩っぱい味」「みずあめ」甘みが組み合わさり、とても美味しかったです!!

「エネルギーチャージ」になりますよ!!

また、乗車中に面白い駅を見つけました!

「二股駅」!!

え!こんな駅名あるの!!??

駅の様子については、こちらの通りです!

100万歩譲っても「二股」とか「不倫」できる環境ではないぞ。。。。。

というツッコミを入れたくなる場面も!

といった感じで、3時間半の移動の中にもこのような面白い体験ができるのが、「JR北海道1日乗車きっぷ」魅力ではないでしょうか!

特急だと、「通過してしまう駅」については、車窓から辺りを眺めていても、「一瞬」で通り過ぎてしまいますからね!

にしても!3時間は長い!!

本を読んだり、次の旅行の企画を考えたりして、時間を潰しました!

そして、「3時間かけて」。。。。

「小樽」に到着!!

長かったあああああああああ!

3時間乗車を耐えたmiginaviへのご褒美として、「夜の小樽運河」を見に行きました!

朝も行きましたが、「夜の小樽運河」も綺麗!!

また、朝に訪れたことを思い出すと、「1日長かったな」「1日充実していたな」という感情が芽生えました!

ものすごく楽しい「1日」でした!

最後に、小樽の「コープさっぽろ」に行って、夜ご飯を調達!!

「札幌」へと向かいます!

「小樽の夜の様子」については、こちらのブロクで詳しく書いております!

こちらも、是非!ご覧ください!!

ここからは、「一瞬」でした!

「夜ご飯」を食べて、1日の疲れが「一気」に来たため、車内で爆睡。。。。

そして、起きたら。。。。

「札幌」到着!!

ほんとうに!ほんとうに!!長かった!!!

自分に「お疲れ様」と言いたいです!

とは言いつつ、とても楽しい1日を過ごすことができました!

皆さんにも是非やって頂きたい!

そういう気持ちでブロクを書いております!!

まとめ

今回は、JR北海道の「1日散歩きっぷ」を使って、札幌からニセコ・長万部に行くプランについて記事にしました!

しっかり計画を立てて行動したため、内容の濃い1日を過ごすことができたと思っています!

今回の行程は以下の通りです!

06:09 札幌

JR函館本線 小樽行 JR北海道の「1日散歩きっぷ」

06:59 小樽

——————————————————————-

(徒歩5分)

・三角市場

(徒歩10分)

・小樽運河

(徒歩10分)

・小樽駅

——————————————————————-

08:06 小樽

JR函館本線 倶知安行 JR北海道の「1日散歩きっぷ」

09:20 倶知安

——————————————————————-

09:50 倶知安

JR函館本線 蘭越行 JR北海道の「1日散歩きっぷ」

10:06 ニセコ

——————————————————————-

(徒歩50分)

・高橋牧場

(徒歩40分)

——————————————————————-

12:52 ニセコ

JR函館本線 長万部行 JR北海道の「1日散歩きっぷ」

14:08 長万部

——————————————————————-

(徒歩1分)

・そばの合田

(徒歩10分)

・川瀬チーズ工房

(徒歩5分)

・東京理科大学長万部キャンパス

——————————————————————-

16:38 長万部

JR函館本線 小樽行 JR北海道の「1日散歩きっぷ」

19:50 小樽

——————————————————————-

(徒歩10分)

・小樽運河

(徒歩15分)

・コープさっぽろ みどり店

(徒歩10分)

・小樽駅

——————————————————————-

21:15 小樽

JR函館本線 岩見沢行 JR北海道の「1日散歩きっぷ」

22:01 札幌

札幌近辺から行く場合、この行程でニセコや長万部に行くのが、最も良いプランのうちの1つなのかなって思ってます!!

是非、参考にしてもらえると嬉しいです!

また、「小樽」「ニセコ」と「長万部」について詳しく書いたものを別に記事にしておりますので、是非ご覧ください!!

また、過去にも JR北海道の「1日散歩きっぷ」を使ったプラン について紹介しております!!

それについても、是非!ご覧ください!!

ということで、今回のmiginaviブログはここまで!

JR北海道の「1日散歩きっぷ」を使ったプランについては、いくつかパターンを考えているところです!

プラン実行した際には、ブログに書いていこうと思っています!

今回も最後までご覧頂きありがとうございました!!

それでは!また!!

タイトルとURLをコピーしました