【ブログって稼げるの!?】50記事書くまでの取り組みや思ったことを書きました

StockSnapによるPixabayからの画像
スポンサーリンク

はじめに

こんにちは!miginaviです!!

今回は、「【ブログって稼げるの!?】50記事書くまでの取り組みや思ったことを書きました」というテーマで記事を書いてみました!

この記事は、以下のブログの後半となっております!

前半では、「ブログをやってよかったこと」「ブログの成果」について書いております!

後半では、「50記事書くまでにやったこと」「ブログって稼げるの?」ということについて書いており、前半とつながりのある内容となっております!

そのため、前半をまだご覧になっていない方は、先に前半を見てからこちらのブログをご覧ください!

ということで、行きましょう!

50記事書くまでに取り組んだこと

50記事書くまでに取り組んだこととしては、以下の通りです!

  • とにかく記事の投稿数を増やすこと
  • 色の使い方を意識すること
  • 比喩や実体験を取り入れること

以上の3つについて、詳しく説明していこうと思います!

とにかく記事の投稿数を増やすこと

1つ目は、記事の投稿数を増やすことです!

ブログを始めたばかりの中で、「見てもらえないな。。。」と感じている人は多いのではないでしょうか??

miginaviも同じ悩みを抱えていました!

しかし、まずは投稿数を増やすことが大切なのかなと思います!

投稿数を増やすと、より閲覧されやすく(検索で引っかかりやすく)なる傾向が有ると思います!

例えば、みなさんがよく閲覧するサイトを想像してみてください!

よく閲覧するサイトの多くは、コンテンツが豊富なものばかりではないでしょうか??

つまり、私たちも「コンテンツの豊富さ」を目指す必要があります!

これは、「田舎住みの人が東京に憧れる理由」に似ているかもしれません。

田舎住みの人は、「東京の賑やかさ」に憧れて上京する人が多いと思います!

つまり、賑やかさ、コンテンツの豊富さを追求したブログを書く必要があります!

そのためにmiginaviは、ブログの投稿数を増やすことで、「賑やかさ、コンテンツの豊富さ」を向上させることを心がけてきました!

さらに、ブログの投稿数を増やすことで、Google Adsense やアフェリエイト広告を貼り付けるための審査に通りやすくなります!

Google Adsense やアフェリエイト広告を貼り付けるための審査に通りたい人は、とにかく記事の投稿数を増やしましょう!

Google Adsense やアフェリエイト広告については、前半のブログで説明しております!

是非、ご覧ください!!

色の使い方を意識すること

2点目は、色の使い方です!

miginaviは、基本的に「黒字」「太字の黒」「青字」「黄色のアンダーバー」しか用いていません。

また、「青字」については使う頻度が少ないです!

元々、miginaviがブログを始めたときは、沢山の色を使っていました!

例えば、こんな感じです

  • 赤字ネガティブな表現
  • 青字ポジティブな表現
  • 緑字専門的な用語、固有名詞
  • 太字重要な表現

しかし、このやり方だと記事が見づらくなるということに気が付きました。

そこで、他の人のブログを見てみたところ、多くの人が2色しか使っていないことに気が付きました!

強調したい部分については、「太字」を使えば十分に伝わります!

これからは、是非色の使い方について意識してみてください!

このノウハウは、学校や仕事での文書やスライド作成にも役立つと思います!!

比喩や実体験を取り入れること

3点目は、比喩や実体験を取り入れることです!

これは特に、読んだ本に関するブログを投稿した際に気を付けています!

私は、以前『沈黙のWebライティング』という本を読みました!

出展:amazon

この本では、マンガ形式で「Webライティング」で心がけるべきことが書かれています!

閲覧数を上げるためのテクニック関して書いているわけではなく、「どういう記事だったら読みたくなるのか」に着目して書かれています!

『沈黙のWebライティング』を読んでみて、印象的だったのは、「記事を書いている人はどう思っているのか」という感情の部分を書くということです!

確かに、専門的な知識を羅列したブログも良いとは思いますが、それ以上にユーザーは「ブログに書かれた体験をしてどう思ったのか」が知りたいということです!

専門的な知識だけを羅列したブログなら、Wikipediaで十分ですもんね!

つまり、読者が「まるで体験している気分」になれる記事を書くことが大切なのです!

そこで、ブログに取り入れるべきこととして「比喩」「実体験」が挙げられます!

例えば、上記の写真をブログの中で紹介する際に

「自転車1つで、マサラタウンから四天王(山の向こう)に挑む主人公のような気分」

と例えるだけで、ワクワク感が増しませんか!?

また、本を読んで得られた知識と「実体験」を交えて書くことで、「私も同じようなことやってみようかな」と読者が挑戦しやすくなると思います!

「どうやって実体験を交えて書いているの?」

と思った方は、是非以下のブログをご覧ください!!

ここまで、比喩や実体験を取り入れることの大切さについて解説してきました!

ブログを始めたばかりの方は特に、比喩や実体験を取り入れるように心がけてみてはいかがでしょうか!

また、『沈黙のWebライティング』は強くオススメしたい本なので、気になる方は是非ご覧ください!!

結局、ブログって稼げるの?

50記事書いているだろうけど、実際に稼げるの??

このような疑問を持つ人が多いはず!

というわけで、ここからは正直にブログが稼げるのかについて説明していこうと思います!

50記事書いても厳しい

結論から言うと、「稼げている」状況ではありません。

1週間に1,2回、誰かが自分のブログ経由で商品を購入して頂き、その購入額の一部を頂いている状況です。

「自分の力で稼ぐ経験をする」ということで、1週間に1,2回でも報酬を頂けるのは本当に嬉しいですが、「稼げている状況」ではありません。。。

それでも続ける理由

しかし、「50記事書いて厳しい状況」であっても、ブログは書き続けようと思っています!

理由としては、3点あります!

ブログを始めた1番の目的が「稼ぐため」ではないから

1つ目は、ブログを始めた目的が稼ぐためではないからです!

確かに、「自分の力だけである程度の収入を取得できれば良いな」と思ったことはあります!

しかし、ブログを始めた一番の目的は、「自分の取り組みや思いついた企画をアウトプットしたかった」からです!

特に、旅行や遊びの企画が好きなので、1人でも多くの人が「miginaviが取り組んでいること面白いな」とか「自分もやってみようかな」と思って頂けると本当に嬉しいです!

だから、ネタが尽きたり、ブログに割ける時間がなくなるまでは、書いていこうと思っています!

100記事書いたときの世界がみたい

ブログを書く上で、有名ブロガーのSNSや記事をよく参考にするのですが、多くの人が「100記事書いたタイミングで成果が出始める」と言っていました!

そのため、100記事書き上げるまでは、「どんなことが」あっても書き続けたいなと考えています!

成功しても失敗しても、「100記事」書いて得られるものは大きいと感じているからです!

「100記事」書いた後の景色を見るために、スキマ時間でブログを投稿していきたいと思います!

報酬以外のメリットが大きいから

これが1番大きいと思います!

ブログをやってよかったことについては、前半に書いていますが、1番よかったことはブログのネタを探す過程で「新しいことに積極的にチャレンジできる」ということです!

ブログを初めてから、自分でも驚くくらい新しい経験ができていて、人生がより豊かになっている実感があります!

人生をより良くしたい人に向けて、1つのアクションプランとして「ブログを書く」というのは良いアイデアだと思います!

これからも、新しい経験や企画をして、その様子を発信していければ良いなと思っております!!

まとめ

今回のブログは以上となります!

miginaviブログでは、北海道の旅行やグルメについて、4000文字前後で投稿しています!

是非、気になるものがございましたらご覧ください!

ということで、最後までご覧いただきありがとうございました!

それでは!また!!

タイトルとURLをコピーしました